10 2017/03

超自然体ボイスレッスン 〜中学生のあなたへ〜

By |2017-03-10T00:00:00+09:002017年03月10日|超自然体ボイスレッスン|

  あなた達に音楽を通して自己表現する事を学び 「人への感謝」の大切さを感じてほしい…   今、あなた達が生きている世の中は物が溢れていて、 あなた達に「頑張りなさい」と 目標達成への強い意志を持つことを伝えるのは難しいかもしれません。   だって、あなた達は頑張らなくても生きていける子がほとんどだから、 でもどこか満たされない…   頑張らなくても生きていけるのに 心はどこか満たされない毎日で あなた達は迷っているかもしれません。   だけど、あなた達は、 日本という土地、時代、文化を彩る象徴であり、 新たな時代を作っていくうえでとても大事なカギです。   大人はすぐに言います。   「我慢できない子供が増えた」 「やる気のない子供が増えた」と、   だけど、我慢できない子供が増えたのではなく、 やる気のない子供が増えたわけではありません。   これは我慢できない子供達を作り上げた環境がわるいし、 そんな環境を作った大人たちの責任でもあります。   大人達はあなた達が何不自由なく暮らせるように、 皆が平等に生きられるように、 望めばなんでも手に入ってしまうような世界を作ってしまいました。   確かに日本は豊かになって、お腹を空かせて死ぬ人もいません。   それは今までの時代から見るととても素晴らしいことです。   しかし、   [...]

10 2017/03

超自然体ボイスレッスン〜先生の皆様へ〜

By |2017-03-10T00:00:00+09:002017年03月10日|超自然体ボイスレッスン|

  学校には様々な立場の方達が存在します。   親御さん、子供達(生徒)、先生、校長、PTA、教育委員会…   この学校に関係している人々の中で、 最も中心の軸になっているのは間違いなく先生です。   私のような教育の現場にいない人間でも 「事なかれ主義」というシステムを取り入れてる教育現場が たくさんあることを耳にします。   教育現場の中心であるはずの先生達が、 教育の現場で活躍できないのはあまりにも酷だと思いませんか?   私は学校の中心は間違いなく先生だと思っています。   なのに、   今現在「中学校教師」は、 精神疾患による体調不良や退職者が最も多いと聞いています。   この事実が、先生という聖職の過酷さを物語っていると思います。   しかし、   そんな過酷な環境にいながら、 それでもめげずに先生達は学校で必死に仕事をしています。   学校を変えるのは、子供達、親御さん達、教育員会でもありません。   先生達が中心に変えていけるはずです。   今回は先生達のお手伝いを、私が音楽を通してできればと考えています。   どうぞよろしくお願いいたします。